前多清志さんに聞く!ホームヘルパーの排泄の介助で重要なこと

前多清志さんに聞く!ホームヘルパーの排泄の介助で重要なこと


ホームヘルパーの資格を取得して働く際に役立つ
情報を前多清志が紹介していきます。


~プライバシーへの配慮~

生活習慣の中で欠かせないのが、排泄です。
排泄の介助は、ホームヘルパーの仕事でも特にプライバシーに気をつけて行う必要があります。
排泄介助のときに、相手に「恥ずかしい」という感情や、必要以上の緊張を持たせてしまっては、
排泄がスムーズに出来ない場合もあります。
必要なことは、排泄をしたいということを伝えることが、恥ずかしくないという意識をもってもらうことです。
そのためには、意識的に穏やかな受け答えをすべきです。
決して、「ホームヘルパーの仕事だから」という割り切った態度を見せてはいけません。
相手の意思やペースを尊重してください。
オムツ交換をする時には、部屋の温度や消臭、換気などにも十分注意を払う必要があります。
利用者が、気分良く排泄できるように、
気を使ってあげることもホームヘルパーの仕事だと前多清志は考えています。


~自立意欲を引き出すための排泄介助~

ホームヘルパーが行う介護・介助の目的は、利用者が自立的な生活ができるように、手助けをすることです。
これは、排泄行為の介助においても同じです。
オムツ交換の期間が長くなると、ついつい甘えが出てしまって「トイレで用を足す」ということが億劫になり、
自分で排泄をするという意志がなくなりがちになります。
普段はオムツをしている人にも、自力で歩ける場合は「オムツを外す」ということを目的にして、
利用者にも伝え、それに沿った介護を行うようにしましょう。


~オムツ外しのためのポイント~

●しっかりと説明する
なぜ「オムツ外し」をする必要があるのか、本人や家族にしっかりとその目的を説明します。

●安心感を与える
排泄をしたくなったら、いつでも遠慮なく言ってもらうように、伝えます。

●快適に排泄ができる環境づくり
トイレの室温や換気に気を配り、快適に排泄ができる環境を整える。
特に冬は暖房器具を置くなどの配慮が必要です。

●実感してもらう
排泄の時の感覚を、利用者に実感してもらい、感覚として覚えてもらうようにします。

●利用者のペースで
せかすことは、厳禁です。利用者がリラックスして排泄できるように、
見守るくらいの気持ちを持ちましょう。

●リズムを守る
排泄の周期、リズムを守るように意識してください。
規則正しく、排泄の介助を行うことで、習慣化できるようになります。




前多清志 募金活動 前多清志ホームヘルパー 前多清志 福祉 前多清志 老人ホーム 前多清志 介護 前多清志ボランティア 前多清志 難民支援 前多清志 被災地支援 前多清志 義援金 前多清志ゴルフ 前多清志 乗馬 前多清志 信州 前多清志そば屋 前多清志ブログ 前多清志 画像
[PR]

by nbpmudum0 | 2012-04-23 15:30
line

山村正の日常とボランティア活動の日記


by nbpmudum0
line