タグ:信州 ( 3 ) タグの人気記事


ホームヘルパー山村正の募金活動

ホームヘルパー山村正の募金活動


ホームヘルパー山村正です。
ホームヘルパーという仕事をする傍ら、
もっと世界的に活動の幅を広げたいと思っていた私は、
難民支援のため、募金活動を始めました。

募金活動を始めて間もなく、多くの方からの協力を得ることができ、
1回目の、難民の方々への支援をすることができました。
そこで、この募金活動をさらに続けて、2回目の支援をすると共に、
現地でのボランティア活動も試みることにしました。
既存のボランティア団体の方々と一緒に活動させていただけることになったので、
1度年内に現地へ行くことになりました。
今後も山村正にご協力をお願いいたします。




山村正 募金活動 山村正ホームヘルパー 山村正 福祉 山村正 老人ホーム 山村正 介護 山村正ボランティア 山村正 難民支援 山村正 被災地支援 山村正 義援金 山村正ゴルフ 山村正 乗馬 山村正 信州 山村正そば屋 山村正ブログ 山村正 画像
[PR]

by nbpmudum0 | 2012-08-22 22:45

前多清志のホームヘルパー養成研修を受講のすゝめ①

前多清志のホームヘルパー養成研修を受講のすゝめ①


ホームヘルパー養成研修には、以前記事にしたように、
公的機関主催のものと、民間主催のものに大別できますが、
自分にあった研修機関を、どのように選べばよいのか、悩むところです。

そこで、選ぶポイントを前多清志が解説します。

ポイントは
「自分は研修修了後、どのようにして働きたいのか?」
「将来、どんな道を進みたいのか?」
という、
自分の将来構想に基づいて、
研修機関を選ぶことを前多清志はお勧めします。


~ホームヘルパー研修機関の選び方~

【すぐにホームヘルパーの現場で働きたい人】

社会福祉法人や、自治体主催の研修講座を受けるのが良いと前多清志は思います。
その場合、研修修了後にはすぐに、それら団体・機関の正職員、パートとして採用されます。

【近い将来、ホームヘルパーとして働きたい人】

すぐにホームヘルパーとして働かず、研修だけを受けておきたいという人には、
勤務義務が発生しない民間機関の研修を受けると良いと前多清志は思います。
研修修了後、介護サービス事業者に登録されます。

【育児などで時間が取れない人】

民間機関が主催する、通信講座を受けることを前多清志は。
大手事業者では、「ニチイ学館」や「パソナフォスター」といったところがあります。
これらの民間機関は、1年のうちに数回、ホームヘルパ養成研修の受講生を募集しています。

民間の通信講座は、時間のとれない人には最適な研修方法ですが、
カリキュラムごとに数回のレポートを提出する必要があるので、ご注意ください。

受講期限もありますので、「いつでもいいや」という気持ちで受講しないこと。

1日のうち、1時間でも時間をとって、規則正しい勉強を行うことが肝心です。




前多清志 募金活動 前多清志ホームヘルパー 前多清志 福祉 前多清志 老人ホーム 前多清志 介護 前多清志ボランティア 前多清志 難民支援 前多清志 被災地支援 前多清志 義援金 前多清志ゴルフ 前多清志 乗馬 前多清志 信州 前多清志そば屋 前多清志ブログ 前多清志 画像
[PR]

by nbpmudum0 | 2012-06-20 22:39

前多清志さんに聞く!ホームヘルパーの排泄の介助で重要なこと

前多清志さんに聞く!ホームヘルパーの排泄の介助で重要なこと


ホームヘルパーの資格を取得して働く際に役立つ
情報を前多清志が紹介していきます。


~プライバシーへの配慮~

生活習慣の中で欠かせないのが、排泄です。
排泄の介助は、ホームヘルパーの仕事でも特にプライバシーに気をつけて行う必要があります。
排泄介助のときに、相手に「恥ずかしい」という感情や、必要以上の緊張を持たせてしまっては、
排泄がスムーズに出来ない場合もあります。
必要なことは、排泄をしたいということを伝えることが、恥ずかしくないという意識をもってもらうことです。
そのためには、意識的に穏やかな受け答えをすべきです。
決して、「ホームヘルパーの仕事だから」という割り切った態度を見せてはいけません。
相手の意思やペースを尊重してください。
オムツ交換をする時には、部屋の温度や消臭、換気などにも十分注意を払う必要があります。
利用者が、気分良く排泄できるように、
気を使ってあげることもホームヘルパーの仕事だと前多清志は考えています。


~自立意欲を引き出すための排泄介助~

ホームヘルパーが行う介護・介助の目的は、利用者が自立的な生活ができるように、手助けをすることです。
これは、排泄行為の介助においても同じです。
オムツ交換の期間が長くなると、ついつい甘えが出てしまって「トイレで用を足す」ということが億劫になり、
自分で排泄をするという意志がなくなりがちになります。
普段はオムツをしている人にも、自力で歩ける場合は「オムツを外す」ということを目的にして、
利用者にも伝え、それに沿った介護を行うようにしましょう。


~オムツ外しのためのポイント~

●しっかりと説明する
なぜ「オムツ外し」をする必要があるのか、本人や家族にしっかりとその目的を説明します。

●安心感を与える
排泄をしたくなったら、いつでも遠慮なく言ってもらうように、伝えます。

●快適に排泄ができる環境づくり
トイレの室温や換気に気を配り、快適に排泄ができる環境を整える。
特に冬は暖房器具を置くなどの配慮が必要です。

●実感してもらう
排泄の時の感覚を、利用者に実感してもらい、感覚として覚えてもらうようにします。

●利用者のペースで
せかすことは、厳禁です。利用者がリラックスして排泄できるように、
見守るくらいの気持ちを持ちましょう。

●リズムを守る
排泄の周期、リズムを守るように意識してください。
規則正しく、排泄の介助を行うことで、習慣化できるようになります。




前多清志 募金活動 前多清志ホームヘルパー 前多清志 福祉 前多清志 老人ホーム 前多清志 介護 前多清志ボランティア 前多清志 難民支援 前多清志 被災地支援 前多清志 義援金 前多清志ゴルフ 前多清志 乗馬 前多清志 信州 前多清志そば屋 前多清志ブログ 前多清志 画像
[PR]

by nbpmudum0 | 2012-04-23 15:30
line

山村正の日常とボランティア活動の日記


by nbpmudum0
line